filmkoji.com
“建築用ウインドーフィルム施工何でもお役たちサイト”“建築用ウインドーフィルム施工何でもお役たちサイト”
HOME
filmkoji.comとは・・
建築用ウインドーフィルムとは・・・
用途に合った建築用ウインドーフィルムの早分かり
建築用ウインドーフィルム製品紹介
ウインドーフィルムで問題解決!
施工方法・手順の紹介
施工実績の紹介
建築用ウインドーフィルム Q&A
用語解説集
各種試算サービス
熱割れ計算
省エネルギー計算
お見積りから施工までの流れ
概算お見積り依頼
お問い合わせ・カタログ請求
特約施工店ネットワークとメーカー紹介
リンク集
各種試算サービス
熱割れ計算
熱割れ現象
窓ガラスが太陽放射熱を受けた場合、ガラスの熱吸収により中央部が高温になります。一方、ガラス周辺部は、サッシ内に入っているため陽も当らず、また、サッシ、躯体への放熱もあり、低温のままで膨張しません。このため周辺部は中央部の熱膨張を拘束することになり、引張応力が生じます。周辺の強度がこの引張応力に耐えられなくなると熱割れを起こすことになります。
熱割れの要因
1. 厚い熱吸収ガラスほど熱割れしやすい。
2. カーテンブラインドがあると熱割れしやすい。
3. ガラスに暖房の吹出口を向けると熱割れしやすい。
4. ガラスの裏側に反射物を置くと熱割れしやすい。
5. ガラスに紙を貼ったり、ペンキを塗ると熱割れしやすい。
6. サッシとの断熱が小さいと熱割れしやすい。
7. 影ができると熱割れしやすい。
8. サッシがコンクリートに直付けだと熱割れしやすい。
9. 冬期の晴れた日の午前中に熱割れしやすい。
10. 網入線入ガラスが熱割れしやすい。
ルミクール等貼付の場所
熱割れは上記要因が複合して生じるものでありますが、ルミクール等貼りは上記第4項に該当しますので、ルミクール等を貼ることによる熱応力の変化を試算します。
試算結果の活用
試算式は、大手ガラスメーカーが採用している方法と同一のものです。 試算は、熱割れ計算フォームに記載してただいた条件に基づき熱割れ計算を行ないますが、試算条件には、ガラス施工時の状況、または新たな条件の変更等、判定不能、または予測不能な熱割れ発生要因は含まれておりませんので、試算結果は、一定条件下における熱割れの可能性の有無のみで将来にわたる絶対的な判断はいたしかねますので、結果は参考資料としてお考えいただき、原則として保証はいたしておりません。
省エネルギー計算
ルミクール、熱線遮断タイプ及びレフテル等を窓ガラスに貼ると、太陽の熱線をほどよく反射しますので、室内の冷房効果が向上します。また冬期には、室内の熱線が、ルミクール等の面で反射し、室内に輻射しますので、暖房効果も向上します。 省エネとは別に、ルミクール等に塗布された粘着剤が、窓ガラスの飛散防止に効果を発揮します。
ルミクール等の効果
1. 太陽の熱線を反射しますので、冷房効果が向上します。
2. 室内の熱を再輻射しますので、暖房効果が向上します。
3. 太陽のまぶしさを柔らげる防眩効果があります。
4. ペリメーターゾーンとインテリアゾーンの温度差を減少させます。
5. 室内家具、調度品の退色を抑制します。
6. 昼間時は、外部からの透視を抑制します。
7. ガラスの飛散防止に効果を発揮します。
ルミクール及びレフテルの効果は、快適と安全に係るものですが、これらは数字として表現することが難しい項目です。ルミクール及びレフテルは、快適性を追求し、かつ省エネにより経済性も追及できる製品です。
この省エネルギー計算フォームを御記入後送信していただければ、省エネルギーの試算結果をご返答いたします。試算結果は参考資料としてお考えいただき、原則として保証はいたしておりません。
(注) 本試算は、記載された条件下において、ルミクール及びレフテル等を貼ったガラス部分のみの熱の出入りを試算するもので、建物自体の熱負荷とは異なります。そのため建物の断熱等に関し計算上全く無視して試算しております。また建物本体並びに建物周囲に起因する影、さらに、冷暖房装置運転時間以外の蓄熱、放熱による予冷、予熱負荷に関するルミクール等貼りによる効果も計算上から除外しております。
本試算結果の経済性と快適性、安全性の効果を合わせて御検討ください。
Copyright(C) LINTEC Corp.,IKC Co.,Ltd. All Rights Reserved. info@filmkoji.com
フィルム工事ドットコム事務局 東京都品川区上大崎3-1-1 アイケーシー(株)内 TEL:03-6367-3339