filmkoji.com
“建築用ウインドーフィルム施工何でもお役たちサイト”“建築用ウインドーフィルム施工何でもお役たちサイト”
HOME
filmkoji.comとは・・
建築用ウインドーフィルムとは・・・
用途に合った建築用ウインドーフィルムの早分かり
建築用ウインドーフィルム製品紹介
ウインドーフィルムで問題解決!
地震・台風防災対策
防犯対策
省エネ・暑さ対策
装飾・目隠し
施工方法・手順の紹介
施工実績の紹介
建築用ウインドーフィルム Q&A
用語解説集
各種試算サービス
お見積りから施工までの流れ
概算お見積り依頼
お問い合わせ・カタログ請求
特約施工店ネットワークとメーカー紹介
リンク集
ウインドーフィルムで問題解決!
その3 省エネ・暑さ対策
夏場の日差しが強いと窓の近くは特に暑くなります。
西日・断熱
西日・断熱
透明なのに熱をカットする不思議なフィルムです。
明るさを損なうカーテンやブラインドの設置、窓ガラスの交換や空調設備の入れ替えなど、夏場の暑さ対策は何かと面倒な問題です。
西日対策
透明タイプ断熱フィルムは、比較的手軽に、そして景観や明るさを損なわずに窓辺の暑さを緩和でき、さらに空調設備の省エネ効果も発揮します。
一般に、メタリックタイプや着色タイプのウインドーフィルムは高い断熱効果が得られますが、 太陽光の中でも主に目に見えない赤外線域をカットするリンテックの透明断熱フィルムは、ガラスの透明性、採光性を損なうことなく高い断熱効果を発揮します。
さまざまなメリット
透明性、採光性が保たれ、屋内の明るさや景観が保持できます。
大掛かりな工事や、高いリフォームコストなどが掛かりません。
空調設備の省エネ効果も発揮します。
おすすめ製品
品番 特徴
レフテル WH03
可視光線透過率が約75%と透明性が非常に高く、特に一般家庭用には最適です。
フィルム表面にハードコート処理を施すことで、耐磨耗性も向上させています。
MORE
ヒートカット IR-50HD
マンションなどに幅広くご利用いただける、より低価格な汎用タイプのアイテムです。
独自の赤外線遮へいコート処理を施すことで、可視光線透過率を約86%に維持しつつ断熱効果を発揮します。
MORE
注意!!
ガラスの熱割れの危険に配慮する必要があります。
窓ガラスに断熱フィルムを貼ると、フィルムが反射・吸収した日射の熱によってガラスの温度が上昇し、割れることがあります。熱割れが生じる条件としては
(1)ガラスの種類
(2)ガラス窓の方位
(3)影の形状
(4)ガラス窓の近くにある反射物の影響(カーテン・ブラインドなど)
(5)ガラスの大きさ・形状
(6)ガラスの取り付け状況
が挙げられます。事前に一定の環境条件に基づく熱割れ計算を行うなど、施工する前にその安全性を十分検討することが必要です。
フィルム施工について
フィルムメーカ−として、プロの施工を推奨します。
各種データで実証されているウインドーフィルムの性能が確実に発揮され、ガラスの安全性が確保されるためには、適切な方法で施工されることが非常に大切です。フィルム施工については、正しい技能を有する全国の特約施工店にて迅速に対応いたしますので、お問い合わせください。
お問い合わせ・カタログ請求
TOP
Copyright© LINTEC Corp., IKC Co.,Ltd. All Rights Reserved. info@filmkoji.com
フィルム工事ドットコム事務局 東京都品川区上大崎3-1-1 アイケーシー(株)内 TEL:03-6367-3339